個人事業主様へ

確定申告

「帳簿を付けるのが面倒だ」
「確定申告書を提出しなければならないのは分かっているけれど手続きが分からない・・・」
「正しく税金の計算ができているか不安」
「色々な減税に関する特例があるようだけど、複雑でよく分からない・・・」

このようなことでお困りではありませんか?
皆様にとってはおそらく年に1度の作業ですから当然のことと思います。
しかし税理士は日頃から税制改正や税制の 動向に注意を払っていますので、帳簿の記入はもちろんのこと、
最新の税制をフル活用した節税を実践します。
同じ所得の人でも、税制を知っている人とそうではない人では、納税に大きな差がでることがあります。

 

年末調整とは

会社など雇用主は、役員又は使用人に対して給与を支払う際に所得税の源泉徴収を行っています。
しかし、その年1年間に給与から源泉徴収をした所得税の合計額は、必ずしもその人が1年間に納めるべき税額とはなりません。
このため、1年間に源泉徴収をした所得税の合計額と1年間に納めるべき所得税額を一致させる必要があります。
この手続を年末調整といいます。

年末調整の対象者

年末調整の対象となる人は基本的に雇用主から給与をもらっている人で、次のような方々が該当いたします。

  1. 1年を通じて勤務している人
  2. 年の途中で就職し、年末まで勤務している人
  3. 退職者のうち一定の要件の人
  4. 非居住者となった人
注意

「給与所得者の扶養控除等申告書」を年末調整の時までに雇用主へ提出していなければ、年末調整を受けることはできません。
また、年末調整は通常年末に行いますが、年末調整の対象者によっては年の途中に行う場合があります。
その対象者とは、死亡などの理由で退職をした人、1年以上の予定で海外の支店などへ転勤をした人、などです。
いずれもその理由が発生したときに年末調整を行うことになっています。

 

年末調整の対象とならない方

次のいずれかに該当する方

  1. 給与収入金額が 2,000万円を超える方
  2. 災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律の規定により徴収猶予を受けた方
  3. 2箇所以上から給与を受けている人で、他の雇用主に「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している方
RSS配信

大きな地図で見る
【井上義孝税理士事務所】

■住所
〒661-0953
兵庫県尼崎市東園田町2丁目57
シュヴァリエ園田301

■最寄り駅
阪急神戸線 園田駅下車
北出口より徒歩約7分

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/03/01

サイトを構築しました。