ホーム > 相続について > 相続発生前

相続について - 相続発生前

相続開始前で「争族対策」が必要な方

相続の解決順序
相続(争族)対策=遺産分割対策
相続税納税資金対策
相続税節税対策
相続でよく揉めるのは遺産が分けられずに家族間での問題です。これを争族と言います。
相続税申告が不必要な状況でも遺産分割はつきまといますので、その早めの対策を準備する必要があります。

財産が何処に何があるかわからない。

財産が何があるか理解しておかないと遺産分割の話合い自体スタートできます。さらにいうと、プラスの財産よりも借金などの負債が大きい場合は、そもそも相続をするのか、放棄するのかという問題も生じます。

家族配分を考えて相続したい。

遺産相続でもっとも避けたいのが、家族間の争いです。今まで仲の良かった家族が相続をきっかけに争う姿は見たくありません。家族間での争いなく、幸せに暮らしていけるように、事前に打合せを行いましょう。

相続人以外の人に財産をあげたい

日ごろお世話になった方や友人、内縁関係の方に関して、相続 人以外の第三者に財産を上げたい方は、 遺言書を作らなければ、その願いが実現する 可能性は低いです。早めに遺言書を作成しておきましょう。

開始前 相続税対策

相続税納税資金対策
土地の有効活用
納税資金を生み出すために、相続した不動産をそのまま売却するという方法があります。
この場合、相続にて不動産が評価額より高い値段で売却できることもありますが(相続税評価額に関して、通常時価の8割程度)、
そのなかで、不動産会社の仲介手数料や譲渡に伴う譲渡所得税がどうしても発生してしまいます。

但し、相続した土地を相続税の申告期限から仮に3年以内に売却した時には、一定額の相続額に対して、譲渡所得税を軽減することもできます。

法人の設立(不動産管理会社の活用)による対策

日本の資産家の平均的財産構成をみると、不動産の所有者が約70%を占めています。多くの資産家が不動産を所有していることから、不動産管理会社の活用による相続対策が有効です。
ある程度の規模の不動産オーナーであれば、個人の所得税の範囲内で節税できますが、不動産所得が多い場合節税をするためには、不動産管理会社を設立する方が有効的な場合があります。
  この対策は、集中する不動産収入を分散させることによって、毎年の所得税対策と、収入自体が被相続人に累積することを防ぎ、長期的に見て節税に大きな効果をあげることを目的としています。

  所得税を節税するには、不動産管理会社を設置し、不動産収入から不動産管理会社を通して管理料を支払い、そして管理会社の役員をオーナーの家族にすれば、その役員に給与を支払うことによって、合法的に不動産収入をオーナーの家族にふりわけられ節税に役立ちます。

生命保険の相続対策

遺産のほとんどが不動産で現預金が少ないといった場合には相続税を納付しなければならなくなってしまうと、相続税の納付に困ってしまうことがあります。このようなときは、納税資金の対策として生命保険を利用することがあります。 まずは被相続人が生命保険に加入し、受取人を相続人にしておけば、死亡保険金が入ってきますので不動産を売却する必要なく相続税を支払うことができます。
この生命保険金の場合には、  法定相続人の数ごとに500万円を足した金額は相続税がかからないという税法上のメリットもありますので、うまく使う事により納税資金対策だけでなく、相続税の対策にも有効な場合があります。

RSS配信

大きな地図で見る
【井上義孝税理士事務所】

■住所
〒661-0953
兵庫県尼崎市東園田町2丁目57
シュヴァリエ園田301

■最寄り駅
阪急神戸線 園田駅下車
北出口より徒歩約7分

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/03/01

サイトを構築しました。